ついつい忘れてしまいます。

 

いつもご愛読頂きありがとうございますm(_ _)m

ライズの佐々木です。


今回は軽減税率、キャッシュレスポイント還元、


について、書かせていただきます。


キャッシュレスポイント還元を、


体感してみようと、


試しに、コンビニにて、


クレジットカードで、


買い物してみましたら、




レジ横のカード読取の端末に、


カードをいれて暗証番号なしで、


支払い完了。




レシートを見ると、数円、


値引きになっていました。




端末がカードを、


読み込み、照会するのに、


少し時間かかるんだなと、


思いましたが、




今までも、


財布からお金を出して、お釣りをもらうなどで、


同じくらい時間かかっていたのかもと、


思うと、そこまで気にならなくなりました。




■ ついつい忘れてしまいます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



消費税 増税後、


週末ということもあり、


テレビ、ネット、各メディアを通じて、


いろんな声が上がっていました。




個人的な感想は、


何かしらキャッシュレスで、


払えばと思いつつ、




どれが、どの場合に8%?とか、


このお店は、キャッシュレスポイント還元している?


スマホを出して、どのアプリだろう?


などなど、考えれば分かるんでしょうけど、


パッと思いつきませんでした。




というか、コンビニなどで、


そんなことすら、思い浮かばず、


コーヒーなど現金で買った後に、


あっ、キャッシュレス(汗)


と、思い出してしまいます。。。




QRコード支払いに、


クレジットカードを紐付け、


政府からの還元ポイントが上乗せで、


ポイント「3重取り」も、


可能だそうですが、、




忘れてしまっていては、


元も子もないですね(汗)




海外では、キャッシュレスが


普及している話は、良く聞きますが、




例えば、ヨーロッパでは、


国境を自由に越えて、


移動できることから、


その都度、通貨を両替する手間が、


キャッシュレスで省けて、


理にかなっているのが、


普及している理由の一つのようです。




ヨーロッパなどに比べれば、


島国の日本で、このパターンは、


あまり、身近ではなく、


キャッシュレスじゃないと、


困るといった場面は、


今のところ、少ないですね。




ただ、そこに、今月から、


キャッシュレスポイント還元という、


新たな価値が生まれましたから、




これを、、、




知って得する、


知らないと損する、


知っててもそのままで、


良いかな、




など、


価値と感じるか、


どう受け取るかで、


考え方や行動にも、


変化を及ぼすのかもしれません。




■ キャッシュレスがもたらす未来

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ポイント還元以外にも、


現金を持たず防犯上良いとか、


お金を何に使ったかすぐ分かるとか、


使い方はいろいろあり、


自分なりの価値を、


見い出すことができれば、


忘れなくなり、現時点では、


あまり、想像できませんが、


現金を持たなくなる日も、


くるのかもしれません。




そもそも、なぜ、今、


キャッシュレスなのか?




ネットで検索してみると、


経済産業省の


「キャッシュレス・ビジョン」


という文章を閲覧することができました。




この中に、


なぜ国がキャッシュレスに、


取り組むの記載があり、


要約してみると、


少子高齢化や人口減少に伴う


労働者人口減少の時代、


生産性の向上は課題。




そこを、キャッシュレスで、


実店舗の無人化省力、


現金資産を見える化し、


流動性向上をはかるといった、


目的がひとつあるそうです。




流れとしては、


消費税増税→軽減税率+ポイント還元



キャッシュレス推進



生産性の向上




といった感じになり、


ポイント還元は、関心を持ち、


まずは、使ってもらうための、


動機づけ(インセンティブ)に、


あたります。




この先の自分の生活に


関わるのかもしれないと思うと、


キャッシュレス、ポイント還元の見方も、


少し変わるような気がします。




もちろん、目的は他にもありますし、


そして、結果が、どうなるかは、


現時点では分かりません。




でも、キャッシュレスの将来が、


ポイント還元だけではなく、


私達の未来に、良い影響となることを、


願うばかりです。




それでは、今週はここまで。


来週をお楽しみに\(^o^)/