住宅ローンのメリット・デメリット

 


日頃より大変お世話になっております。


ライズの佐々木です。


最近お問い合わせの多い、


夫婦合算での住宅ローンの


メリットとデメリットについて


お話したいと思います。




住宅ローンを組まれる場合、


できれば単独借入が望ましいですが、


本人の属性や希望住宅の金額によっては、


夫婦で組まれることも多々あります。




その夫婦での住宅ローンの種類は、


既にご存知の方も多いかと思いますが、


『ペアローン』『連帯債務』『連帯保証』があり、


全て同じように思われがちですが、


それぞれ違いがあります。




『ペアローンの場合』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メリットは、収入合算はもとより、団体信用生命保険(団信)も


各自加入が可能で、住宅ローンの控除も受けられます。



また、減税制度がペアになる分、


控除金額が上限未満の場合には、


お一人の場合よりも控除額が多くなる場合があります。


一方、デメリットとしては、


ご夫婦それぞれが住宅ローンを組むのですから、


各自の審査通過は必須で、事務手数料等も2倍になります。



持分割合によっては、


贈与税がかかる事もありますので、


注意が必要です。




『連帯債務の場合』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


メリットは、こちらも収入合算、ローン控除は可能で、


主債務1人の住宅ローンの為、ペアローンとは違い


事務手数料等は1人分のみになります。



デメリットとしては、


主債務の方のみしか団信に加入ができません。


その場合、団信に加入していない方が


亡くなった場合もローン返済は続くことになります。



また、このローンは離婚した場合でも


『連帯債務と共有物件』を解消しない限り、


継続してしまいます。



※但し、フラット35の【連帯債務】の場合、


金利をプラスする事により、夫婦での団信加入が可能となります。




『連帯保証の場合』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メリットは、こちらも収入合算は可能で、


夫婦どちらかが多く返済したとしても


贈与税がかかることはありません。


デメリットとしては、


団信は1人のみの加入になり、


住宅控除も連帯保証人が支払っていても


主債務者のみが受けれる事になります。



ここ数年は共働き夫婦が増え、


奥様がローンの支払いをすることも


少なくない状況です。



ご主人の年収だけでは、購入できないと


諦めていた夫婦でも、合算することにより、


借入額を増額でき受注に繋げることが可能となります。




■ 住宅ローンはさまざまありますが、

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


資金計画等で、お客様と接する上では、


ローンの知識として必要かと存じます。


資金計画、住宅ローンについて


などなど、セミナーも行っておりますので


お気軽にお問い合わせください。


フリーダイヤル

0120-032-781